活動概要

地域を超え、制度を越えた情報集約と情報発信

介護事業者の連絡会や協議会は様々設立されています。それぞれの地域で大切な役割を担っています。

地域の介護事業者がともに研鑽を住み協力して地域を良くしていこうという、事業者連絡会。事業者の声を集め、国や行政に意見をあげていこうという連盟や協会。医療との連携を図りチームケアを目指す専門職集団。介護の仕事に誇りと情熱をもって取り組むことを呼び掛ける団体など、目的や活動の仕方は様々です。

当会は、介護保険制度の枠や地域の壁を越えて、広くつながることを呼び掛けています。また、競争関係のない第三者的立場の者が、情報集約と発信(情報ハブ)を担う事務局機能(リンカー)を担います。公正・中立を旨に活動することをお約束いたします。

第一の目的は、介護職員が本来のケアサービスに安心して専念できるようにすることです。例えば次のような課題をクリアすることで、職員の負担は軽減できると考えています。

  • 事務所の安定経営をサポートする
  • リーガル連携で介護の周辺課題の問題解決を図る
  • 実務・マネジメント力向上で運営効率化を図る

第二の目的は、デイサービスを地域の情報拠点として、全国のデイサービスをネットワーク化することです。

一事業所ではできないことも、つながることで可能性が拡がります。事務局は結節点として、情報集約・発信を担います。

デイサービスの魅力を高め、その役割を一般の人たちにも知ってもらうことに役立ちます。

  • 地域文化や土着の生活様式の継承
  • 消費者ニーズなど、企業が求める情報の集約
  • 高齢期の多様な暮らし方提案